介護の資格

介護にはさまざまな資格が存在します。
介護のキャンパスで学ぶ資格を中心に紹介いたします。

主な介護の資格は3つ

  • 介護職員初任者研修
  • 介護福祉士実務者研修
  • 介護福祉士(国家資格)

介護にはさまざまな資格が存在します。これから介護を仕事にする方のための資格もあれば、すでに介護のお仕事をされている方がさらなるスキルアップのために取得する専門的な資格もあります。
働く施設や職種によっても必要となる資格は異なります。
ここでは、介護資格の全体像や、介護のキャンパスで取得できる資格をご紹介します。

主な介護の資格

介護職員初任者研修(旧ホームヘルパー2級)

基本的な介護業務が身につく、介護の基礎知識・スキルを証明する入門的な資格。
これから介護の仕事をしていきたい、家族の介護に備えたい、という方にピッタリです。厚生労働省が定めたカリキュラムを修了し、筆記試験に合格することで資格の取得ができます。未資格、未経験でも受講が可能で、講座内容も基礎から介護を学べるので、勉強が苦手な方でも十分取得が可能な資格です。

介護福祉士実務者研修

介護職員初任者研修の次に目指したい中級的な資格。
実務者研修を取得することによりサービス提供責任者として働くことができます。現場で活躍する知識やスキルを磨く応用的な内容で、経験豊富な方から経験の浅い方まで様々なレベルの方が受講されるのが特徴です。
また、国家資格である介護福祉士の受験には実務経験3年と実務者研修の修了が必須とされています。

介護福祉士(国家資格)

介護職唯一の国家資格。
介護のプロの証として、多くの施設でキャリアアップ、待遇面において優遇される。就職や転職においても非常に有利となります。
受験のためには、介護施設での実務経験3年以上と、実務者研修の修了をする必要があります。介護職のキャリアパス最上位にあたる資格のため、試験の難易度は高いです。

介護のキャンパスに初心者が通いやすいのは
初級の資格を目指すことに特化しているから

介護のキャンパスは、これから介護職へと進む方にとって、わかりやすくて選びやすいスクールでありたいと考えています。介護の資格はたくさんあってわかりにくい、結局どの資格を取ればいいのかわからない、という迷いを防ぐために介護職初心者に役に立つ2つの講座に特化してコースを設けています。

  • 介護職員初任者研修

    • 最短コース
    • 週1コース
    • 週2コース

    受講料29,500税別

    最短1ヶ月で修了

    • 淀屋橋校
    • 新大阪校
    • 天王寺校
    • 堺校
    • 高槻校
    • 三宮校
  • 介護福祉士実務者研修

    • 週1コース

    受講料69,500税別

    • 淀屋橋校
    • 新大阪校
    • 天王寺校
    • 堺校
    • 三宮校

介護にはまだまだたくさんの資格があります

こちらで紹介する資格は、取得のために長期の実務経験が必要な場合や、専門性が高いため、介護のキャンパスでは「介護職員初任者研修」か「介護福祉士実務者研修」の修了生を対象に、希望者のみ必要資格取得のサポートを行っています。

  • ケアマネジャー(介護支援専門員)

    介護保険制度に基づき、介護サービスを利用するためのケアプラン作成を行います。多様な介護サービスから、利用者に合うサービスを選び、本人や家族へ提案しサポートを実行します。利用者が施設に要望を言いにくい場合、代わりに意見を伝える役割もあります。

  • 同行援護従業者養成研修

    視覚障害によって移動が著しく困難な方の外出時に同行し、視覚的情報の支援、移動援護、排泄・食事等の介護を行います。一般課程と応用課程があり、応用課程の資格取得者は、同行援護サービスのサービス提供責任者になれます。

お気軽にお問い合わせください

  • お問い合わせ
  • 資料請求
  • TEL